2010年04月02日

保険契約者に株とお金が降ってきた! 第一生命「株式会社化」で何が変わった?9

反面、生命保険を担う会社にとって、株主から絶えず利益追求が求められる株式会社という形態がそぐわないという見方もある。生命保険は顧客との関係が長く続くだけに安定経営が求められるからだ。株式上場で他社に買収されるリスクもある。日本生命や明治安田などの相互会社は、株主からの圧力を受けない利点を重視し、今のところ株式会社化する予定はない。

 日本の保険業に「相互会社」を根付かせた第一生命は、107年の時を経て自らその組織形態を廃した。創業時から掲げてきた「ご契約者第一主義」の経営理念を守りつつ、営利企業としてどのように成長を図るのか。新生・第一生命は、「顧客」と「株主」の双方が納得する難しい答えを見つけ出していくことになる。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100331/1031365/?P=4
タグ:第一生命
posted by 株式投資案内センター at 18:27| 第一生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。