2010年04月02日

保険契約者に株とお金が降ってきた! 第一生命「株式会社化」で何が変わった?7

相互会社時代の第一生命でも、個々の社員は総代を選出する一票の投票権を持ち、間接的に経営に参加できた。しかし株式会社化で総代会はなくなり、その権利も消えた。

 会社が持つ財産の分配を求める権利も失われた。具体的には先述した社員配当や、解散時に残余財産を受け取る権利などだ。ただ社員配当については、第一生命が「契約者配当」という名目で従来と同じ水準で行うことを表明しており、当面は保険契約者の利益が損なわれることはなさそうだ。

 これらの権利を得るのが、第一生命の株式を持つ株主だ。社員総会・総代会の機能は「株主総会」が担い、会社の利益は「株主配当」として受ける権利を持つ。

 株式会社化で「社員としての権利」を失った第一生命の保険契約者は、「一企業の顧客」に過ぎないものになった。保険契約者に割り当てられた株式は、その損失に対する補償という意味を持つ。株式も金銭ももらえない保険契約者は、何の補償もないまま「社員としての権利」を奪われた格好だが、すべては総代会を介して「社員みんなで決めたこと」によるものだ。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100331/1031365/?P=3
posted by 株式投資案内センター at 18:25| 第一生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険契約者に株とお金が降ってきた! 第一生命「株式会社化」で何が変わった?6

株式会社化で保険契約者が失ったものは、経営参加の権利

 第一生命の配当付きの保険契約者は、株式会社化で株式や現金を得た一方で、失ったものもある。それは相互会社の「社員としての権利」だ。

 その一つが経営に参加する権利だ。相互会社では会社の重要事項を「社員総会」で決めるが、数百万人もの社員を擁する保険会社で社員総会を開くのは困難だ。そこで社員の中から「総代」と呼ぶ代表者を選び、その集会である「総代会」において重要事項を決議する体制をとっている。



http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100331/1031365/?P=3
posted by 株式投資案内センター at 18:25| 第一生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険契約者に株とお金が降ってきた! 第一生命「株式会社化」で何が変わった?5

第一生命によると、株式が割り当てられた保険契約者は全体の90%にあたる約738万人で、1株以上の割り当てを受けたのは306万人とのこと。このうち株式を保持して株主になるのは130万人程度とみられている。一方、1株に満たない割り当て分と、任意で売却を希望する株式を合わせた約710万株が売却され、金融機関や取引先の企業が安定株主として名を連ねることになった。



http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100331/1031365/?P=2
タグ:第一生命
posted by 株式投資案内センター at 18:23| 第一生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険契約者に株とお金が降ってきた! 第一生命「株式会社化」で何が変わった?4

保険契約者が受け取った株式とお金の正体

 株式会社化に際しては、株式を発行して資本金を募る必要があるが、第一生命は会社の積立金(剰余金の内部留保分)を資本金として1000万株を発行する形をとった。簡単に言うと、積立金という社員全員の財産で株式会社を作ったということ。出資していないのに保険契約者が株式を受け取れたのは「みんなのお金で株式会社を作り、株式をみんなで分け合った」ことによるものだ。

 ただ保険契約者全員が「株主」になれたわけではない。個々の保険契約者には、契約している保険の収支などをもとに株式が割り当てられたが、1株に満たないものは株式として交付できないためだ。これらは一括売却され、現金として受け取ることになる。



http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100331/1031365/?P=2
posted by 株式投資案内センター at 18:22| 第一生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険契約者に株とお金が降ってきた! 第一生命「株式会社化」で何が変わった?3

これまで第一生命がとってきた「相互会社」という組織形態は、保険契約者がお金を出し合い、互いに保障しあう相互扶助の精神に基づき、保険会社のみに認められているものだ。第一生命は1902年に設立された国内第一号の相互会社だ。

 相互会社には、株式会社でいうところの「資本金」がなく「株主」もいない。配当付きの保険の契約者は「社員」(団体の一員)として、経営に参加する権利も持ち、保険運営の結果として余ったお金(剰余金)は「配当」として還元される。まさに保険契約者による保険契約者のための会社だ。



http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100331/1031365/
posted by 株式投資案内センター at 18:21| 第一生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険契約者に株とお金が降ってきた! 第一生命「株式会社化」で何が変わった?2

株式会社化に伴い、第一生命の大半の保険契約者は新会社の株式や現金を受け取った。このご時世に「棚からぼた餅」のうらやましい話だが、実際のところは保険契約者が支払ってきた保険料の一部が戻ってきたようなものだ。



http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100331/1031365/
posted by 株式投資案内センター at 18:19| 第一生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険契約者に株とお金が降ってきた! 第一生命「株式会社化」で何が変わった?

保険契約者に株とお金が降ってきた! 第一生命「株式会社化」で何が変わった?

第一生命保険(以下「第一生命」)は2010年4月1日、相互会社から株式会社に組織変更して新しい一歩を踏み出す。同時に東証第一部に上場、売出価格は14万円で、NTT以来の超大型案件とあって注目を集めている。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100331/1031365/
posted by 株式投資案内センター at 18:17| 第一生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

第一生命保険相互会社の株式会社化、および東証上場のスケジュール

第一生命保険相互会社の株式会社化、および東証上場のスケジュール

2007年(平成19年)12月6日、会社の形態を相互会社から株式会社に転換することを発表。
2010年(平成22年)4月1日に株式会社へ移行と同時に東証一部に上場。

posted by 株式投資案内センター at 15:24| 第一生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

第一生命保険とは

第一生命保険相互会社(だいいちせいめいほけん、英称:The Dai-ichi Mutual Life Insurance Company)とは、日本初の相互会社形式による生命保険会社である。

総資産・保有契約高において、かんぽ生命保険、日本生命保険に次いで業界第3位の規模を持ち、「ご契約者第一主義」を経営理念とする。

※ウィキペディアから引用。
posted by 株式投資案内センター at 16:06| 第一生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。